2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
iDeCoで始める資産形成 PDF
2017年5月29日号 発売:5/26 申込締切:4/21 オフラインデータ締切:5/12 オンラインデータ締切:5/16
2017年1月から個人型確定拠出年金制度が大きく変わり、「iDeCo(イデコ)」という愛称で新たにスタートしました。掛金の拠出時、運用時、受取時の3つの段階で税制優遇が受けられるiDeCoは、個人の資産形成の有力な選択肢になりえます。そこで日経ビジネスでは、特別広告企画「iDeCoで始める資産形成―個人型確定拠出年金の活用ガイド―」を実施いたします。制度の仕組みや始め方を解説するとともに、各運営管理機関のサービスや運用商品を紹介します。長期運用が可能な30代以下から金融資産の多いミドル層まで、幅広い読者層を誇る媒体を活用したプロモーションを是非ご検討いただけますよう、お願い申し上げます。
ページの先頭に戻る
合同
時計特集 PDF
[日経ビジネス]
2017年6月12日号 発売:6/9 申込締切:5/12 オフラインデータ締切:5/26 オンラインデータ締切:5/30
[日経ビジネスオンライン] 6月23日〜1カ月間
成熟市場の代表格といわれる日本の時計市場に、変化の兆しが見えてきた。成熟市場に照準を定めて進化しようとする世界の時計ビジネス。いまこそ時計の「買い時」の到来、長く愛用できる一本をじっくりと検討する好機ではないだろうか。では今年、エグゼクティブが注目すべきニューモデルとは。ブランドストーリーをひもときながら、最新のトレンドに迫る。
資産運用特集 PDF
2017年6月19日号 発売:6/16 申込締切:5/19 オフラインデータ締切:6/2 オンラインデータ締切:6/6
消費増税、インフレによる現金価値の目減り、社会保険料の値上げ、公的年金の減額――。将来のお金に関する不安は枚挙に暇がありません。日本人の平均寿命は年々伸びており、中長期の資産形成の重要性は、いよいよ高まってきています。充実したセカンドライフを送るためには、現役時代の早いうちから準備を始めることはもちろん、定年退職後もお金を殖やしていく姿勢を持つことが肝要です。こうした環境を鑑み、このたび広告企画「資産運用特集〜資産形成の最新トレンドを捉え、充実のセカンドライフを〜」を実施いたします。株式、債券、投資信託、外貨、FX(外国為替証拠金取引)、金などのコモディティ、ファンドラップ、土地活用、REIT(不動産投資信託)をはじめとした不動産関連の運用商品やサービスを取り上げ、最新トレンドとの上手な付き合い方を提案します。
ビジネス・トリップ特集 PDF
2017年6月26日号 発売:6/23 申込締切:5/26 オフラインデータ締切:6/9 オンラインデータ締切:6/13
グローバルで活躍している日経ビジネスの読者にとって、効率よく快適な海外出張情報は欠かせません。
「Business Trip」特集では、毎年エアライン、エアポートの最新情報やホテル事情はもちろん、各国のMICE情報、ビジネス習慣まで海外出張に役立つさまざまな情報を発信してまいりました。ぜひ、この機会を貴社の認知度向上や販売促進にご活用くださいますよう、お願い申し上げます。
インバウンド特集〜訪日外国人6000万人の商機を掴む〜 PDF
[日経ビジネス] 2017年7月3日号 発売:6/30 
[日経ビジネスオンライン] 掲載期間:6/30〜7/26
申込締切:5/12 校了:6/21
2030年4000万人の高い目標を掲げる日本ですが、直近の伸び率から逆算するにこの目標は決して夢物語ではない数値と言えるでしょう。増えている事実は喜ばしいことですが、同時に受け入れる体制(インフラ・サービス)や滞在中の満足度(旅ナカ)の向上はもちろんのこと、再訪を促す仕掛け(旅マエ・旅アト)もこれからはより求められていくのではないでしょうか。
2016年に初開催したインバウンドに関する総合イベント「INBOUND JAPAN2016」にて行った来場者アンケートによると、前述した魅力の向上に欠かせないソリューションとして「マーケティング」「各種サービス」「ICT」「ランゲージ」が挙げられました。旅アトの購買行動を促す越境ECや事前プロモーションに関するデジタルマーケティングのようなマーケティングに関するニーズが顕著に現れていました。次いで高かったのが翻訳や電子決済、無線LANといったICTに関するサービス。まさしく、訪れる訪日観光客の満足度を高める仕掛けに大きな期待が集まっているといえるでしょう。
こうした機運を受け、日経BP社は昨年に続いてINBOUND JAPAN2017を開催。さらに、事前に同イベントを盛り上げ幅広いステークホルダーに貴社の取り組みを紹介すべく、日経ビジネス本誌・オンラインにおいてもインバウンドをテーマにした広告特集を展開します。。
貴社の更なる発展に向けた本企画を是非ご活用ください。
同封別冊
二人の時間 PDF
2017年7月3日号 発売:6/30 申込締切:6/2 オフラインデータ締切:6/16 オンラインデータ締切:6/20
見ていて楽しくなるビジュアルによるオフタイムの提案、これからの人生に役立つマネー情報など、二人で楽しむ、新しいライフスタイルのためのヒントを提案する保存版として、読者からも高い評価をいただいている『二人の時間』。
日本経済をけん引してきたエグゼクティブが、家庭や地域における夫婦の時間をいかに豊かに楽しむか。子育ても一段落し、時間的にも経済的にもゆとりの出てきた40歳以上の読者へ、これからの暮らし方をご提案します。
今こそ始めたい賃貸経営 PDF
2017年7月3日号 発売:6/30 申込締切:6/2 オフラインデータ締切:6/16 オンラインデータ締切:6/20
歴史的な低金利環境を背景に、賃貸経営に対する関心が高まっています。毎月の賃料収入が期待できる賃貸経営は、中長期の安定した資産形成に適しており、相続税対策としても有効な選択肢です。そこで日経ビジネスでは、特別広告企画「今こそ始めたい賃貸経営特集―マイナス金利時代の不動産活用術―」を実施いたします。賃貸経営の魅力や成功の秘けつを紹介するとともに、各社各様の商品やサービスが生み出す付加価値を掘り下げていきます。長期運用が可能な30代以下から金融資産の多い年配層まで、幅広い読者層を誇る媒体を活用したプロモーションを是非ご検討いただけますよう、お願い申し上げます。
ページの先頭に戻る
産業立地特集 PDF
2017年7月10日号 発売:7/7 申込締切:6/9 オフラインデータ締切:6/23 オンラインデータ締切:6/27
国内の産業誘致が昨年に続いて好調を維持しています。経済産業省が発表する工場立地動向調査によると、平成28年1月から6月における全国の工場立地件数は457件(前年同期比1.5%減)、工場立地面積は560ha(前年同期比7.4%増)となり、今後も堅調に推移していくことが予想されます。
そこで、日経ビジネスでは好評いただいている「産業立地」企画を平成29(2017)年度も実施いたします。日経ビジネスは発行部数No.1のビジネス誌で、企業の経営層、管理者層が中核読者となっています。そのため、読者はオフィスや工場の新設・移転といった企業の重要な決定事項に大きな決定力、影響力を持っています。
企業戦略の立案に深く関わるビジネスリーダーに向けた本企画は、企業誘致において大きな効果をもたらすものと確信いたします。ぜひ、ご利用いただきますようご案内申し上げます。
投資家と企業のためのESG特集 PDF
2017年7月10日号 発売:7/7 申込締切:6/9 オフラインデータ締切:6/23 オンラインデータ締切:6/27
環境(E)・社会(S)・ガバナンス(G)といった非財務情報に着目する「ESG投資」の取り組みが進んでいます。現在、全世界の資産運用残高のうち約3割が ESG 要素を考慮していると言われており、投資家にとっても企業にとっても大きなインパクトを与えるトレンドといえます。そこで日経ビジネスでは、特別広告企画「投資家と企業のためのESG特集―持続可能な社会を実現する各社の取り組み―」を実施いたします。ESG投資の意義や重要性を発信するとともに、最前線を走る各社の取り組みを紹介します。長期運用が可能な30代以下から金融資産の多い年配層まで、幅広い読者層を誇る媒体を活用したプロモーションを是非ご検討いただけますよう、お願い申し上げます。
ページの先頭に戻る
マイナス金利環境下での不動産活用術 PDF
2017年8月21日号 発売:8/18 申込締切:7/20 オフラインデータ締切:8/3 オンラインデータ締切:8/7
近年、「空き家問題」という言葉を頻繁に聞くようになりました。「実家を相続したけれど、どうすれば良いか分からずそのままになっている。固定資産税をはじめとした維持費はかさむばかり」――。少子高齢化が進む日本では、こうしたケースは今後ますます増えていくでしょう。一方で、マイナス金利の環境下にある今は不動産投資のチャンスでもあります。保有する不動産をどう生かすかがこれからの資産形成のカギを握ると言っても過言ではありません。日経ビジネスでは2017年年間を通して、広告企画「マイナス金利環境下での不動産活用術」を実施いたします。不動産投資に適した商品やサービスを取り上げ、効果的な活用法を提案します。長期運用が可能な30代以下から金融資産の多い年配層まで、幅広い読者層を誇る媒体を活用したプロモーションを是非ご検討いただけますよう、お願い申し上げます。
物流特集 PDF
2017年8月28日号 発売:8/25 申込締切:7/24 オフラインデータ締切:8/7 オンラインデータ締切:8/9
グローバル化がより一層進む中で、物流に対する経営層の意識変化も進み、いまやロジスティクスは「成長戦略に欠かせない武器」へと位置付けが変わってきています。ロジスティクスの高度化・効率化は、顧客満足の充足、無駄な在庫の削減、供給コストの低減等、目前の課題解決策となるのはもちろん、新たなビジネスチャンスを生み、企業価値を高めることにつながります。しかし、課題も多く、国内はもちろん、海外物流の現場では、低コスト・高品質は維持したまま、納期の短縮を求められており、競争は厳しさを増しています。企業は、物流を軸に経営戦略を作り直す必要に迫られています。そこで、日経ビジネスでは、広告企画「物流特集」を実施いたします“ロジスティクスの高度化・効率化”を促進する最新物流機器、システム、サービス等のソリューションを紹介し、企業が抱える課題に向けての解決策を提案。貴社のソリューション力を、企業の経営層、現場担当者に広くアピールチャンスです。この機会に、ぜひ広告出稿をご検討くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。
インドネシア特集 PDF
2017年8月28日号 発売:8/25 申込締切:7/24 オフラインデータ締切:8/7 オンラインデータ締切:8/9
世界最大の島嶼国であり、豊富な資源を持ち、世界第4位の人口を有するインドネシア。2014年のジョコ政権成立から3年強、経済もようやく安定/成長モードに入ってきました。インドネシアと日本の関係は、歴史的に良好です。政治的には、昨年のジョコ大統領の来日、今年1月の安倍首相のインドネシア訪問等、両国のトップ及び閣僚の往来も盛んです。経済面では、日本は従来からインドネシアにとって最大の投資国であり、現在約1700社の日本企業がインドネシアに進出。最近の投資動向を見ると、業種的には製造業中心から飲食/小売等のサービス産業に広がりつつあります。インドネシア経済・産業は、資源に注目が集まりがちですが、インフラ開発・投資の面でも、有望な市場となりつつあります。インフラ整備はインドネシアの課題の1つですが、別の見方をすれば、新たなビジネス機会・需要を喚起します。近年、他の外国企業との競争も激しくなっていますが、話題になった「高速鉄道」、港湾の整備など、日本製品/サービスの質が再認識されつつあります。日本にとって、インドネシアは引き続き有望な潜在マーケットです。今年は「ASEAN設立50周年」。インドネシアをはじめASEAN市場に、より一層の注目が集まります。またインドネシア--日本関係は来年「国交樹立60周年」を迎え、両国間の結びつきはさらに強くなると期待されます。日経ビジネスでは、こうした状況に鑑み、8月28日号で広告企画「インドネシア特集」を予定しています。日本のビジネスリーダーに貴メッセージを伝える格好の機会である本企画への広告出稿をぜひご検討ください。
ページの先頭に戻る
Executive Fashion特集 PDF
2017年9月18日号   発売:9/15
【タイアップ】 オリエンテーション、お打ち合わせ:7月上旬〜中旬  タイアップ撮影:7月下旬〜8月中旬  校了:9/6
【純広告】 申込締切:8/18  オフラインデータ締切:9/1  オンラインデータ締切:9/5
資産運用特集 PDF
2017年9月25日号 発売:9/22 申込締切:8/25 オフラインデータ締切:9/8 オンラインデータ締切:9/12
消費増税、インフレによる現金価値の目減り、社会保険料の値上げ、公的年金の減額――。将来のお金に関する不安は枚挙に暇がありません。日本人の平均寿命は年々伸びており、中長期の資産形成の重要性は、いよいよ高まってきています。充実したセカンドライフを送るためには、現役時代の早いうちから準備を始めることはもちろん、定年退職後もお金を殖やしていく姿勢を持つことが肝要です。こうした環境を鑑み、このたび広告企画「資産運用特集〜資産形成の最新トレンドを捉え、充実のセカンドライフを〜」を実施いたします。株式、債券、投資信託、外貨、FX(外国為替証拠金取引)、金などのコモディティ、ファンドラップ、土地活用、REIT(不動産投資信託)をはじめとした不動産関連の運用商品やサービスを取り上げ、最新トレンドとの上手な付き合い方を提案します。
今こそ始めたい賃貸経営 PDF
2017年10月2日号 発売:9/29 申込締切:8/31 オフラインデータ締切:9/14 オンラインデータ締切:9/19
歴史的な低金利環境を背景に、賃貸経営に対する関心が高まっています。毎月の賃料収入が期待できる賃貸経営は、中長期の安定した資産形成に適しており、相続税対策としても有効な選択肢です。そこで日経ビジネスでは、特別広告企画「今こそ始めたい賃貸経営特集―マイナス金利時代の不動産活用術―」を実施いたします。賃貸経営の魅力や成功の秘けつを紹介するとともに、各社各様の商品やサービスが生み出す付加価値を掘り下げていきます。長期運用が可能な30代以下から金融資産の多い年配層まで、幅広い読者層を誇る媒体を活用したプロモーションを是非ご検討いただけますよう、お願い申し上げます。
ページの先頭に戻る
ゴルフ特集
ビジネスパーソンに聞いたゴルフとの向き合い方2017
PDF
2017年10月16日号 発売:10/13 申込締切:9/14 オフラインデータ締切:9/29 オンラインデータ締切:10/3
日経ビジネスは、全国に20万人を超す読者を擁する、部数No.1のビジネス誌です。特徴的なのは、約9割が定期購読者であること。読者の自宅やオフィスに、毎号・直接送付しているため、確実に読者の手元に届きます。読者の多くは本誌からビジネスからライフスタイルまで知っておくべき情報を得ているでしょう。本企画では、2016年も好評だったゴルフアンケートを実施。ゴルフへの向き合い方やクラブ選択のポイントに加え、広告主様ブランド調査も行います。専門誌などではリーチしづらい本物のビジネスエグゼクティブに直接PRできる本企画を是非ご活用ください。
ビジネスパーソンのための金融総合特集 PDF
2017年10月23日号 発売:10/20 申込締切:9/21 オフラインデータ締切:10/5 オンラインデータ締切:10/10
日経ビジネスでは、特別広告企画「ビジネスパーソンのための金融総合特集―資産運用から相続対策まで―」を実施いたします。金融にまつわる情報を幅広くかつ分かりやすく整理するとともに、最新の金融商品を紹介することで、ビジネスパーソンの潜在ニーズに働きかけます。長期運用が可能な30代以下から金融資産の多い年配層まで、広範な読者層を誇る媒体を活用したプロモーションを是非ご検討いただけますよう、お願い申し上げます。
ビジネス・トリップ特集 PDF
2017年10月23日号 発売:10/20 申込締切:9/21 オフラインデータ締切:10/5 オンラインデータ締切:10/10
グローバルで活躍している日経ビジネスの読者にとって、効率よく快適な海外出張情報は欠かせません。
「Business Trip」特集では、毎年エアライン、エアポートの最新情報やホテル事情はもちろん、各国のMICE情報、ビジネス習慣まで海外出張に役立つさまざまな情報を発信してまいりました。ぜひ、この機会を貴社の認知度向上や販売促進にご活用くださいますよう、お願い申し上げます。
住宅特集 PDF
2017年10月30日号 発売:10/27 申込締切:9/28 オフラインデータ締切:10/13 オンラインデータ締切:10/17
2016年、新築注文住宅の着工戸数は前年比3.1%増と3年ぶりに増加となりました。前回の消費税率引き上げに伴う駆け込み需要の反動がひと段落したことや、住宅ローン金利が歴史的な低水準にまで引き下げられたことなどが影響していると思われます。また高断熱化やゼロエネルギー化など、省エネ住宅への関心も高まってきています。こうした傾向は今後も続くと見られ、今こそ、貴社製品をアピールしブランド力を高める重要な機会となります。つきましては、ぜひ本企画をご検討いただき、貴社コミュニケーションの一助としていただければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。
ページの先頭に戻る
産業立地特集 PDF
2017年11月13日号 発売:11/10 申込締切:10/12 オフラインデータ締切:10/26 オンラインデータ締切:10/30
国内の産業誘致が昨年に続いて好調を維持しています。経済産業省が発表する工場立地動向調査によると、平成28年1月から6月における全国の工場立地件数は457件(前年同期比1.5%減)、工場立地面積は560ha(前年同期比7.4%増)となり、今後も堅調に推移していくことが予想されます。
そこで、日経ビジネスでは好評いただいている「産業立地」企画を平成29(2017)年度も実施いたします。日経ビジネスは発行部数No.1のビジネス誌で、企業の経営層、管理者層が中核読者となっています。そのため、読者はオフィスや工場の新設・移転といった企業の重要な決定事項に大きな決定力、影響力を持っています。
企業戦略の立案に深く関わるビジネスリーダーに向けた本企画は、企業誘致において大きな効果をもたらすものと確信いたします。ぜひ、ご利用いただきますようご案内申し上げます。
合同
時計特集 PDF
[日経ビジネス]
2017年11月13日号 発売:11/10 申込締切:10/12 オフラインデータ締切:10/26 オンラインデータ締切:10/30
[日経ビジネスオンライン] 11月24日〜1カ月間
成熟市場の代表格といわれる日本の時計市場に、変化の兆しが見えてきた。成熟市場に照準を定めて進化しようとする世界の時計ビジネス。いまこそ時計の「買い時」の到来、長く愛用できる一本をじっくりと検討する好機ではないだろうか。では今年、エグゼクティブが注目すべきニューモデルとは。ブランドストーリーをひもときながら、最新のトレンドに迫る。
マイナス金利環境下での不動産活用術 PDF
2017年11月20日号 発売:11/17 申込締切:10/19 オフラインデータ締切:11/2 オンラインデータ締切:11/7
近年、「空き家問題」という言葉を頻繁に聞くようになりました。「実家を相続したけれど、どうすれば良いか分からずそのままになっている。固定資産税をはじめとした維持費はかさむばかり」――。少子高齢化が進む日本では、こうしたケースは今後ますます増えていくでしょう。一方で、マイナス金利の環境下にある今は不動産投資のチャンスでもあります。保有する不動産をどう生かすかがこれからの資産形成のカギを握ると言っても過言ではありません。日経ビジネスでは2017年年間を通して、広告企画「マイナス金利環境下での不動産活用術」を実施いたします。不動産投資に適した商品やサービスを取り上げ、効果的な活用法を提案します。長期運用が可能な30代以下から金融資産の多い年配層まで、幅広い読者層を誇る媒体を活用したプロモーションを是非ご検討いただけますよう、お願い申し上げます。
資産運用特集 PDF
2017年11月27日号 発売:11/24 申込締切:10/26 オフラインデータ締切:11/10 オンラインデータ締切:11/14
消費増税、インフレによる現金価値の目減り、社会保険料の値上げ、公的年金の減額――。将来のお金に関する不安は枚挙に暇がありません。日本人の平均寿命は年々伸びており、中長期の資産形成の重要性は、いよいよ高まってきています。充実したセカンドライフを送るためには、現役時代の早いうちから準備を始めることはもちろん、定年退職後もお金を殖やしていく姿勢を持つことが肝要です。こうした環境を鑑み、このたび広告企画「資産運用特集〜資産形成の最新トレンドを捉え、充実のセカンドライフを〜」を実施いたします。株式、債券、投資信託、外貨、FX(外国為替証拠金取引)、金などのコモディティ、ファンドラップ、土地活用、REIT(不動産投資信託)をはじめとした不動産関連の運用商品やサービスを取り上げ、最新トレンドとの上手な付き合い方を提案します。
ページの先頭に戻る
今こそ始めたい賃貸経営 PDF
2017年12月11日号 発売:12/8 申込締切:11/9 オフラインデータ締切:11/24 オンラインデータ締切:11/28
歴史的な低金利環境を背景に、賃貸経営に対する関心が高まっています。毎月の賃料収入が期待できる賃貸経営は、中長期の安定した資産形成に適しており、相続税対策としても有効な選択肢です。そこで日経ビジネスでは、特別広告企画「今こそ始めたい賃貸経営特集―マイナス金利時代の不動産活用術―」を実施いたします。賃貸経営の魅力や成功の秘けつを紹介するとともに、各社各様の商品やサービスが生み出す付加価値を掘り下げていきます。長期運用が可能な30代以下から金融資産の多い年配層まで、幅広い読者層を誇る媒体を活用したプロモーションを是非ご検討いただけますよう、お願い申し上げます。
ページの先頭に戻る
産業立地特集 PDF
2018年3月19日号 発売:3/16 申込締切:2/16 オフラインデータ締切:3/2 オンラインデータ締切:3/6
国内の産業誘致が昨年に続いて好調を維持しています。経済産業省が発表する工場立地動向調査によると、平成28年1月から6月における全国の工場立地件数は457件(前年同期比1.5%減)、工場立地面積は560ha(前年同期比7.4%増)となり、今後も堅調に推移していくことが予想されます。
そこで、日経ビジネスでは好評いただいている「産業立地」企画を平成29(2017)年度も実施いたします。日経ビジネスは発行部数No.1のビジネス誌で、企業の経営層、管理者層が中核読者となっています。そのため、読者はオフィスや工場の新設・移転といった企業の重要な決定事項に大きな決定力、影響力を持っています。
企業戦略の立案に深く関わるビジネスリーダーに向けた本企画は、企業誘致において大きな効果をもたらすものと確信いたします。ぜひ、ご利用いただきますようご案内申し上げます。
ページの先頭に戻る