2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
i-Constructionで変わるコンクリート工 PDF
2017年7月10日号 発売:7/6 申込締切:6/5 オフラインデータ締切:6/22 オンラインデータ締切:6/26
国土交通省の資料によると、土工とコンクリート工で直轄工事の全技能労働者の約4割が占めるとあります。また、この工事の1984年と2012年の生産性を比べて、横ばいである点が、建設現場の課題です。i-Constructionのトップランナー施策の一つである、全体最適の導入(コンクリート工の規格の標準化等)が注目を集めております。この取り組みが、広く普及することで、生産性の向上のみならず、品質確保やコスト削減などの成果も見込めます。
こうした状況をふまえ、土木の総合情報誌「日経コンストラクション」は、7月10日号で広告企画「i-Constructionで変わるコンクリート工」を実施します。
読者は、製品・技術の動向などを知るために本誌の広告を参考にしており、広告掲載企業や広告内容に「信頼」「安心」を感じています。そこで、本企画への■プレキャスト製品 ■プレハブ鉄筋 ■埋設型枠 ■機械式鉄筋(継手)工法 ■高流動・中流動コンクリート ■一体化部材 ■CAD・施工管理ソフト ■検査技術などの広告掲載は、効果的です。
この機会に、日経コンストラクションへの広告掲載をご検討くださいますようお願い申し上げます。
上下水道/雨水貯留・浸透施設 PDF
2017年7月10日号 発売:7/6 申込締切:6/5 オフラインデータ締切:6/22 オンラインデータ締切:6/26
日本の下水道普及率は77%に達し、管路延長は約45万km、処理場数は約2200カ所となっています。その一方で、下水管の損傷などが原因の道路陥没事故が全国で毎年3000〜4000件発生するなど、長寿命化対策を含めた計画的な改築が課題となっています。さらに予算概算要求の場面においても、下水道浸水被害軽減総合事業の拡充や、特定地域都市浸水被害対策事業の創設などが、新規要求事項として盛り込まれています。こうした状況をふまえ、土木の総合情報誌「日経コンストラクション」は、7月10号で広告企画「上下水道/雨水貯留・浸透施設」を実施します。この機会に、日経コンストラクションへの広告掲載をぜひご検討くださいますようお願い申し上げます。
同封別冊
NETIS登録技術2017 PDF
2017年7月24日号 発売:7/20 申込締切:6/9 原稿締切日:6/19
土木の総合情報誌「日経コンストラクション」は、7月24日号(7/20発売)で同封別冊企画「NETIS登録技術2017」を実施します。本企画は、国土交通省のNETIS(新技術情報提供システム)に登録された約3400件の技術を対象とし、日経コンストラクションの定期購読者2万3000部へ同封して、貴社の技術情報をPRしていただくものです。広告メニューは、‥佻慎蚕僂両楮戮鬚款匆陲垢襦峙事体広告」(カラー1ページ、カラー1/2ページ)、登録技術を工種別の一覧でご紹介する「ガイドスペース」(カラー1/6ページ)、5事体広告(カラー1ページ)の追加オプションで、営業ツールとして活用いただける「抜き刷り(別刷り)作成」のメニューをご用意しています。発注・設計・施工のキーパーソンである日経コンストラクションの読者は、新技術に対する情報ニーズが高く、本企画は数ある技術の中から貴社の登録技術を訴求する絶好の機会となります。この機会に、ぜひ「NETIS登録技術2017」への広告掲載をご検討くださいますようお願い申し上げます。
ページの先頭に戻る
基礎・地盤改良・液状化対策 PDF
2017年8月14日号 発売:8/10 申込締切:7/7 オフラインデータ締切:7/27 オンラインデータ締切:7/31
災害対策の強化を目指す「強くしなやかな国民生活の実現を図るための防災・減災等に資する国土強靭化基本法」に基づき、南海トラフ巨大地震、首都直下地震などにおける地震被害や津波被害を防止・軽減するため、また人口が密集している都市圏の機能を守るため、経済的かつ効率的な地盤の液状化判定、地盤改良・液状化対策の技術は、レジリエンス(強靭化)を実現するために、ますます重要なものとなります。こうした状況をふまえ、土木の総合情報誌「日経コンストラクション」は、8月14日号で広告企画「基礎・地盤改良・液状化対策」を実施します。この機会に、日経コンストラクションへの広告掲載をぜひご検討くださいますようお願い申し上げます。
補修・維持管理 PDF
2017年8月28日号 発売:8/24 申込締切:7/18 オフラインデータ締切:8/4 オンラインデータ締切:8/8
老朽化したインフラが増加していく中、補修・維持管理は、大きな注目を集めています。日本の建設投資に占める補修や維持管理の割合が上がってきており、この市場は新たなビジネスチャンスとなっています。 そこで、土木の総合情報誌「日経コンストラクション」は、8月28日号で「維持・補修2017」と題した編集特集により情報発信し、この特集と連動した広告企画「補修・維持管理」を実施します。 読者は、製品・技術の動向などを知るために本誌の広告を参考にしており、広告掲載企業や広告内容に「信頼」「安心感」を感じています。そこで、本企画への◆コンクリート補修材、改質剤◆剥落防止工法◆道路補修工法◆繊維補強工法◆調査・診断技術、測定機器◆維持管理計画・策定支援ソフト・システムなどの広告掲載は、大きな効果が得られるものと確信いたします。 この機会に、日経コンストラクションへの広告掲載をご検討くださいますようお願い申し上げます。
ページの先頭に戻る
法面・擁壁 PDF
2017年9月11日号 発売:9/7 申込締切:8/1 オフラインデータ締切:8/24 オンラインデータ締切:8/28
全国の土砂災害警戒区域は約32万カ所あり、台風・豪雨などの異常気象や巨大地震によって災害が発生する可能性が依然として高い水準にあることから、国土の強靱性を確保する上で、災害発生時に人命を守り、経済活動を機能不全に陥らせないために、土砂災害対策の総合的な実施が不可欠となっています。こうした状況をふまえ、土木の総合情報誌「日経コンストラクション」は、9月11日号で広告企画「法面・擁壁」を実施します。読者は、製品・技術の動向などを知るために本誌の広告を参考にしており、広告掲載企業や広告内容に信頼と安心を感じています。そこで、本企画への法枠、アンカー、法面緑化工法、擁壁、補強土工法、落石防護柵・防護網、砂防えん堤、斜面安定解析ソフト・設計ソフト、遠隔監視システムなどの広告掲載は、大きな効果が得られるものと確信いたします。この機会に、日経コンストラクションへの広告掲載をぜひご検討くださいますようお願い申し上げます。
橋梁 PDF
2017年9月25日号 発売:9/21 申込締切:8/18 オフラインデータ締切:9/6 オンラインデータ締切:9/8
高度経済成長期に相次いで建設され、補修・維持管理が課題になっている社会資本の代表例が橋梁です。全国には約70万の橋梁があり、高度成長期以降に集中的に整備した橋梁が、今後急速に高齢化して、10年後には建設後50年を経過する橋梁が4割以上になると見込まれています。そのため国土交通省は予算概算要求などの場面で、橋梁などのインフラ老朽化対策の戦略的な維持管理・更新の推進を打ち出しています。こうした状況をふまえ、土木の総合情報誌「日経コンストラクション」は、9月25日号で広告企画「橋梁」を実施します。読者は、製品・技術の動向などを知るために本誌の広告を参考にしており、広告掲載企業や広告内容に信頼と安心を感じています。そこで、本企画への橋梁関連製品・技術、支承・ジョイント、補修・補強技術、設計・解析ソフト、調査診断システムなどの広告掲載は、大きな効果が得られるものと確信いたします。この機会に、日経コンストラクションへの広告掲載をぜひご検討くださいますようお願い申し上げます。
ページの先頭に戻る
雪寒対策 PDF
2017年10月9日号 発売:10/5 申込締切:9/1 オフラインデータ締切:9/21 オンラインデータ締切:9/25
ここ数年の傾向として、大寒波の直撃による大雪の影響で道路の通行止めや車両の立ち往生が相次ぎ発生しており、孤立した地域の救援や、除雪・緊急車両の通行などに大きな支障を来たす事例が相次いでいます。日本は国土面積の約6割が積雪寒冷地で、さらにその半分を豪雪地帯が占めています。そのため雪寒対策については、除雪、防雪、凍雪害防止など、様々な取り組み、技術が求められています。こうした状況をふまえ、土木の総合情報誌「日経コンストラクション」は、10月9日号で広告企画「雪寒対策」を実施します。読者は、製品・技術の動向などを知るために本誌の広告を参考にしており、広告掲載企業や広告内容に信頼と安心を感じています。そこで、本企画への融・消雪システム、ロードヒーティングシステム、雪崩・吹雪防護柵、スノーシェルター、除雪機、気象情報収集装置、道路表示板などの広告掲載は、大きな効果が得られるものと確信いたします。この機会に、日経コンストラクションへの広告掲載をぜひご検討くださいますようお願い申し上げます。
地下・情報通信インフラ整備 PDF
2017年10月9日号 発売:10/5 申込締切:9/1 オフラインデータ締切:9/21 オンラインデータ締切:9/25
過密化する一方の都市部では、社会インフラの整備に地下空間が多目的に活用されています。たとえば電線類の地中化は、安全で快適な歩行者空間の確保、都市景観や防災性の向上などのため、道路事業との同時施工や、コンパクトな埋設方式によって、より効率的な整備が進んでいます。こうした状況をふまえ、土木の総合情報誌「日経コンストラクション」は、10月9日号で広告企画「地下・情報通信インフラ整備」を実施します。読者は、製品・技術の動向などを知るために本誌の広告を参考にしており、広告掲載企業や広告内容に信頼と安心を感じています。そこで、本企画への共同溝・管路システム、地下管路敷設工法、電力・通信ケーブル保護材、ボックスカルバート、シールド工法、地下開発関連資材・工法などの広告掲載は、大きな効果が得られるものと確信いたします。この機会に、日経コンストラクションへの広告掲載をぜひご検討くださいますようお願い申し上げます。
道路環境 PDF
2017年10月23日号 発売:10/19 申込締切:9/14 オフラインデータ締切:10/4 オンラインデータ締切:10/6
環状道路など道路ネットワークの整備、2020年に向けた首都圏の道路整備、全国各地の都市計画に伴う街路整備には、災害対策、老朽化対策、騒音対策、ヒートアイランド対策などの様々な道路環境施策を推進し、そのための技術開発が進展しています。こうした状況をふまえ、土木の総合情報誌「日経コンストラクション」は、2017年10月23日号で広告企画「道路環境」を実施いたします。読者は、製品・技術の動向などを知るために本誌の広告を参考にしており、広告掲載企業や広告内容に信頼と安心を感じています。そこで、本企画への排水・透水・低騒音、保水・遮熱などの高機能舗装技術、調査・診断、補修・補強などの老朽化対策技術、道路防災・減災技術、道路照明、道路付帯設備などの広告掲載は、大きな効果が得られるものと確信いたします。この機会に、日経コンストラクションへの広告掲載をぜひご検討くださいますようお願い申し上げます。
農業土木 PDF
2017年10月23日号 発売:10/19 申込締切:9/14 オフラインデータ締切:10/4 オンラインデータ締切:10/6
日本の農地は約460万haで国土の12%を占め、かんがいや排水のための農業用用排水路は約40万kmに及びます。2013年4月に農林水産省が策定した「農業農村整備に関する技術開発計画」では、土地改良施設の耐震強化や津波対策、農業用擁排水施設の保全管理、再生可能エネルギーの導入を促進するための技術などの開発を推進していくこととしています。こうした状況をふまえ、土木の総合情報誌「日経コンストラクション」は、10月23日号で広告企画「農業土木」を実施します。読者は、製品・技術の動向などを知るために本誌の広告を参考にしており、広告掲載企業や広告内容に信頼と安心を感じています。そこで、本企画への地質調査、地盤改良、法面保護工事、さく井、その他特殊土木技術、かんがい用資材、建設機械、ポンプ、水利施設保全・補修技術などの広告掲載は、大きな効果が得られるものと確信いたします。この機会に、日経コンストラクションへの広告掲載をぜひご検討くださいますようお願い申し上げます。
ページの先頭に戻る
計測・検査機器 PDF
2017年11月13日号 発売:11/9 申込締切:10/5 オフラインデータ締切:10/25 オンラインデータ締切:10/27
構造物の建設にあたり、事前調査や計画がこれまで以上に重要になっています。地盤・土質や周辺環境などを調査し、最適な工法を選択、確実に施工していく上で、正確なデータの収集は欠かせません。さらに、維持管理の時代には、劣化診断や修繕計画の優劣が構造物の長寿命化を左右します。また、i-construction対応の計測・検査機器により、今後ますます生産性の向上実現が見込まれています。こうした状況をふまえ、土木の総合情報誌「日経コンストラクション」は、11月13日号で広告企画「計測・検査機器」を実施します。読者は、製品・技術の動向などを知るために本誌の広告を参考にしており、広告掲載企業や広告内容に信頼と安心を感じています。そこで、本企画への測量・計測機器(トータルステーション、GPS/GNSS)/3Dスキャナーなど、検査・点検機器(非破壊検査など)、ソフトウエア(計測、検査、解析など)の広告掲載は、大きな効果が得られるものと確信いたします。この機会に、日経コンストラクションへの広告掲載をぜひご検討くださいますようお願い申し上げます。
NETIS登録技術2017秋 PDF
2017年11月27日号 発売:11/24 申込締切:10/20 オフラインデータ締切:11/9 オンラインデータ締切:11/13
土木の総合情報誌「日経コンストラクション」は、11月27日号で広告企画「NETIS登録技術」を実施します。本企画は、国土交通省のNETISに登録された約3400件の技術を対象とし、日経コンストラクションの誌面を通じて2万3000人の読者に技術情報を発信していただくものです。また、国土交通省では平成27年度選定より、有用な技術を幅広く選定するために、新たに地方公共団体からの推薦受け入れを開始、地方整備局等以外の機関の実績に基づき、公共工事等に関する技術水準を高めることが見込まれる技術を「評価促進技術」として選定するなどの取り組みを開始しています。日経コンストラクションの読者は、最新の技術情報や新技術の施工実績・事例などを知るために本誌を参考にしており、広告掲載企業や広告内容に「信頼」「安心」を感じています。このことから、本企画への広告掲載は大きなPR効果が得られるものと確信いたします。新規登録された技術はもちろんのこと、すでに登録された技術も定期的な情報発信により、効果的に訴求が可能です。この機会に、日経コンストラクションへの広告掲載をぜひご検討くださいますようお願い申し上げます。
ページの先頭に戻る
補修・維持管理 PDF
2017年12月11日号 発売:12/7 申込締切:11/2 オフラインデータ締切:11/22 オンラインデータ締切:11/27
国や地方公共団体等は、老朽化する社会インフラ対策の一環として、「現場のための正確な情報の把握・蓄積」「国民の理解と支援を得るための情報の見える化」「メンテナンスサイクルを着実に回すための情報の共有化」の3つのミッションを推進。また最近では、「次世代社会インフラ用ロボット」の開発・導入を促進しています。こうした状況をふまえ、土木の総合情報誌「日経コンストラクション」は、12月11日号で広告企画「補修・維持管理」を実施します。読者は、製品・技術の動向などを知るために本誌の広告を参考にしており、広告掲載企業や広告内容に信頼と安心を感じています。そこで、本企画へのコンクリート補修材や改質剤、剥落防止工法、道路補修工法、繊維補強工法、調査・診断技術/測定機器、維持管理計画策定支援ソフト・システムなどの広告掲載は、大きな効果が得られるものと確信いたします。この機会に、日経コンストラクションへの広告掲載をぜひご検討くださいますようお願い申し上げます。
防災 PDF
2017年12月25日号 発売:12/21 申込締切:11/17 オフラインデータ締切:12/7 オンラインデータ締切:12/11
今後の社会資本整備の主軸を担っていく防災事業ですが、その道のりは平坦ではありません。既存施設との調整、規模の大きな災害を見据えた厳しい外部条件など、その理由は枚挙にいとまがありません。こうした状況をふまえ、土木の総合情報誌「日経コンストラクション」は、12月25日号で広告企画「防災」を実施します。読者は、製品・技術の動向などを知るために本誌の広告を参考にしており、広告掲載企業や広告内容に信頼と安心を感じています。そこで、本企画への道路/橋梁/トンネル/下水道/堤防/港湾などの耐震化・液状化対策や津波対策技術、斜面安定化工法/落石・崩壊土砂対策/砂防堰堤、モニタリング技術、計測・調査・解析システム、その他防災・減災関連技術などの広告掲載は、大きな効果が得られるものと確信いたします。この機会に、日経コンストラクションへの広告掲載をぜひご検討くださいますようお願い申し上げます。
ページの先頭に戻る
設計・施行ガイド2017 PDF
2018年1月22日号 発売:1/18 申込締切:12/8 オフラインデータ締切:1/4 オンラインデータ締切:1/5
土木の総合情報誌「日経コンストラクション」では、土木関連の製品・工法の情報を幅広く網羅した「設計・施工ガイド」を年2回、日経コンストラクション本誌内で実施します。また日経コンストラクションのwebサイトにおいても同内容を掲載。貴社製品・技術のPRをサポートします。この機会に、広告掲載をぜひご検討ください。
ページの先頭に戻る